老後破産の道:車両保管費用

交通違反車両は、
所轄署が、回収するのですが、1990年代は、
化石燃料駆動四輪車は車両数が多い為、
回収保管が、困難でしたが、

2020年現在。
団塊の世代の親の家屋が更地になり、
四輪車を回収するスペースが出来るように
なり、違反判決が、決定までの
駐車料金を支払うことが出来る時代と
なりました。

ちなみに支払いを怠ると年金天引きや金融機関の差し押えがあります。
相談は、
E8DF8E7E-E1A0-4B98-9A66-769D824C78F0.png
簡易裁判所へ!

この記事へのコメント