一大発見。

100円のアラビックヤマト(液体のり)で造血幹細胞幹培養。数万円の培養液の「優れた代替品」とネイチャー掲載 以下掲載サイトhttp://blog.livedoor.jp/ninji/archives/53412980.html※追報:東京大学医学部発表http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/files/190530nature.pdf

続きを読む

平塚市博物館より

地震災害は見当たらず、治水報告書を見つけました。http://www.hirahaku.jp/hakubutsukan_archive/rekisi/Shizentobunka32_Hayata.pdf

続きを読む

蒔絵工房NAMIKI

新天皇陛下在位記念も発売。百聞は一見にしかず。↓https://www.pilot.co.jp/service/koubou_namiki/index.html

続きを読む

安政時代と平塚03

これは湘南平という丘陵地。西を背にすると、このような情景。 もしかすると、この丘陵地が過去の西からくる津波を防いでくれたかも知れない・・・・・・

続きを読む

安政時代と平塚02

では、安政という年号には、どのような出来事が、 安政元年(1855年)1月16日: ペリーが前年に引き続き江戸湾に再来。 3月3日: 日米和親条約(神奈川条約)を締結。 6月15日: 伊賀上野地震(安政伊賀地震)。 11月4日: 安政東海地震(東南海地震含む)。津波でディアナ号遭難。 11月5日: 安政南海地震。 11月7日: 豊予海峡地震。 11月27日: 安政に改元。 12月…

続きを読む

安政時代と平塚01

地図の中央左の八雲神社の中に灯籠があり、うんちくは、常夜燈明の由来 この燈籠は安政三年八月二十五日花水川玉川の大洪水で上平塚が大ききんに襲はれ困窮し伊豆韮山の代官江川太郎左衛門に 年貢の免訴を願い出たところ莚半枚与える故乞食せよと拒絶され村民一同梵天社(現存八雲神社)にこもり歎願成就を祈願し 再度願い出たところ遂に免訴となったので村民一同欣喜して感謝報恩のため村民交代で毎夕常夜燈明を上げるように…

続きを読む

地図を開けば、

平塚市役所1Fの中央にインフォメーションがあり、観光マップを無償で提供しています。 ウィキペディアより↓↑日本海軍の軍需工場地帯だったそうです。 戦争中は現在、蒔絵万年筆製造のパイロットと田中貴金属がある新町辺りには金属の延伸工場でもあったのでしょうか?

続きを読む